遊覧船から見分ける恵那峡の紅葉

岐阜県内は山中に囲まれてあり、紅葉の聖地が県いたるところにあります。
なかでもとにかくおすすめなのは、恵那市における恵那峡だ。

恵那峡は約80年齢前に木曽川をせき止めて作られた大井ダムにてできた人造湖で、大正9年齢に世界的に有名な地理サイエンティストの志賀重昴にて恵那峡という命名されました。
先多くの文人、因習ヒトに愛されるポジショニングとして、公園内には思い出碑も残されている。

春は桜やツツジが咲き誇り、初夏は緑鮮やかな新緑、秋は渓谷一面に広まる紅葉、冬場はオシドリやマガモなどの水鳥が多く入り込み、四季時々の味覚があります。

土産物屋町の乗り場からは、渓谷に関する遊覧船が発着しており、遊覧船に乗って船内から見る木曽川沿いの紅葉を楽しむことができます。
近くには、雨風による風化行為を通じて物珍しい形の岩となった傘岩があり、国の天然記念物に指定されている。
全国的にも派手物珍しい岩として見た目の成果があります。
紅葉の見ごろは11ひと月上旬~11ひと月中旬で、モミジ,カエデ,クヌギ,ツツジ,ブナなどが色づきます。

また、ダム湖右岸の「さざなみ公園」には園内を周遊する散歩路が整備されてあり、旬の草花を楽しみながら公園タイミングを散策することができます。
桜の時季には園内約200正式の桜が開花し、日没から夜間10一時までミッドナイトイルミネーションが行われてあり、公園本編が夜の湖面に幽玄に浮かび上がります。

冬にはオシドリやムクドリなどが飛来し、バードウォッチングもとれるなど、四季によって味わえるのが恵那峡の魅力です。ミュゼ吉祥寺の美容脱毛でつるすべ素肌美人